株式会社和牛専門店久永 画像

みかわ牛について

歴史が育む、極上の味わい。 名将・徳川家康を生んだ三河の地に生まれ。
豊かな愛知の自然の中で丹精に育てられた「みかわ牛」その、まろやかな舌ざわりとジューシーな肉質は、味わうほどに旨味を増します。
極上の素材は。和としてもよし。洋としてもよし。ぜひ一度、ご賞味下さい。

愛知で生まれた信頼のブランド「みかわ牛」とは

フォアグラ画像

愛知の豊かな自然に育まれた和牛を厳選。 認定基準をクリアした「みかわ牛生産農場」で肥育された和牛の中で、一定以上の品質の枝肉にのみ与えられるブランド『みかわ牛』。 その「みかわ牛」の中でも特に優れた等級(A5・B5及びA4の一部)のものが、愛知県産黒毛和種の最高級ブランド『みかわ牛ゴールド』として位置づけられています。(黒毛和種)
※左のラベルが「みかわ牛」の銘柄をしめすパックラベルです。

みかわ牛の特長

フォアグラ画像

「みかわ牛」の味わいは、まろやかな舌ざわりとジューシーな肉質は、味わうほどに旨味を増します。また質感はきめ細かく柔らかい、最高の肉質で風味も抜群!愛知の大地が育てたごちそうです。

  • ・環境の整った認定農家が生産
  • ・専門家の指導のもと、安全で無理のない飼育
  • ・安全のため生産、加工段階で徹底検査
  • ・味のある、柔らかい霜降り肉
  • ・JAあいち経済連食肉市場での枝肉販売

みかわ牛誕生の背景

昭和63年、日米農産物輸入自由化交渉(牛肉オレンジ交渉)によって、平成3年より牛肉の自由化が合意されました。 こうした背景の中で、平成2年3月、愛知県と愛知の和牛ブランド設立を進め、「みかわ牛」は誕生しました。

みかわ牛の新たな定義

以前は、A-5,、B-5、A-4の一部のものに「みかわ牛」の称号を与えていましたが、平成15年4月より基準を変更しました。 「みかわ牛」をより多くの消費者にお届けすることを目的として、指定基準を3等級以上で著しい瑕疵の無いものとし「みかわ牛」の頭数拡大を図りました。 このことにより「みかわ牛」は、平成22年には、2,000頭を超える出荷頭数となり安定して供給できる愛知県の和牛ブランドとなりました。

※東海農政局のHP、JAあいちの冊子より引用させていただきました。